はんこ工房 神楽

角印とは?社印の中の角印の役割

会社を経営していたり、経理業務などに携わっていたりすると社印という言葉を使います。

しかし、何が社印であるか、明確にはなっていません。

広義にとらえた場合には、会社で使う印鑑すべてを社印と意味します。

会社実印や会社銀行印、会社角印や会社の住所印などを指しますが、狭義でとらえた場合には、会社角印のみを意味してきます。

社印の中でも、もっとも使用頻度の多い会社角印は、部署や役職ごとに所持している会社も多いため、それだけ、使用頻度が高い印鑑になるわけですが、捺印用途の多くは、見積書や領収書、請求書になります。

社印に強い効力はありません

単純に、会社として、その書類に対する証明として押印するわけですが、誰でも使うことができるだけに、そこまで強い効力はありません。

そのため、契約書などにはあまり使いませんし、見積書などでも印鑑証明書の添付を求められるような大きな金額の際には、あまり使用されることはありません。

シャチハタの浸透印

この会社角印も最近では、シャチハタの浸透印を使ったものも出てきています。

使用頻度が高いものに対して、相性がいいというだけではありません。

多くの部署で使ったり、多人数が所持したりする例も多いこと、また領収書など数多くの書類に捺印するなどの目的により、最近では、ゴム印や浸透印で会社角印を作られることも増えています。

量産性が高いために、同型印を複数生産することも出来るのですから、社印として多くの部署で使われる機会が多い角印のゴム印も多く出回っています。

ただし、角印も会社の認印という役割を持っていることを忘れてはいけません。

ゴム印で作る、印鑑で作る、会社名が入る会社角印は、ゴム印であっても印鑑であっても、重要な印鑑には間違いないのです。

会社角印の販売ページはこちら

会社角印
法人角印とは、会社の認印にあたる四角い形状の印鑑で、社印とも呼ばれる場合もあります。

会社角印販売ページへ