はんこ工房 神楽

有効期限は存在しないが、相手には存在する印鑑証明書

実印として使っていくために

実印として使っていくために

市区町村に登録後には印鑑証明書を発行してもらわなければ、押した印影が正しく登録されているものがどうかを証明できません。

印鑑証明書を発行するための印鑑証明書は、有効期限などの設定があるのかといえば、そういったものは設定されておらず、基本的に無期限で使用できるものになっています。

しかし、この印鑑証明書に対し、何か月以内などの有効期限を言われたりすることがありませんか?

印鑑証明書が必要になるような場合の大抵

重要な取引である場合が多々です。

自動車の購入、不動産の取引であったりと、そこに動く金額などはかなり大きなものになることでしょう。

そのため、相手は印鑑証明書が最新であればあるほど、間違いのないものであると考えていくわけです。

印鑑証明は、個人の証明でもありますので、取得から3か月以内のものに限ると書かれていたり、6か月以内のものなどと、取得日から期限を指定され、個人の証明が最新であることを確認するのです。

期限の切れた印鑑証明書

何ら役に立たないかといえば、これは大きな間違いです。

印鑑証明書には、有効期限というものがありません。取得から3か月以内というのは、相手が設定しただけのものですので、使わないで取ってある印鑑証明書も、実は有効な存在なのです。

期限が切れて有効でないと考えて、安易に使用してしまうと何等かのトラブルに巻き込まれる可能性も考えられます。

そのため、できるだけ使う時だけ印鑑証明書をとるようにしていくことも重要ですし、使わない場合には、十分な管理のもと、廃棄処分をするなどの方法もリスクを考えれば大切なのです。

実印の販売ページはこちら

個人実印
当日出荷対応も可能な印鑑を取り揃えております。実印作成に必要な印鑑は以下のリンクへ。

個人実印販売ページへ