はんこ工房 神楽

実印登録には数百円の手数料がかかり、自治体によって金額は異なります

役所への実印登録の手続き

役所への実印登録の手続き

印鑑を実印として用いるためには、住民票のある役所への実印登録の手続きが必要です。

この手続きには、例えば住民票や戸籍謄本の発行と同じように、手数料が必要となります。

実印登録にはいくつかの方法がありますが、一番スタンダードなものは、実印の持ち主が、登録用の実印と顔写真付きの本人確認が可能な官公署発行の身分証明書(運転免許証やパスポート)を持参して、窓口へ申請する方法です。

そのほか代理人が申請する方法や、身分証が健康保険証などの場合に回答書を受け取って申請する方法がありますが、いずれも申請時には手数料がかかります。

実印登録の金額

実印登録の金額はだいたい200円~500円程度で、自治体によって異なるため、ホームページや窓口で確認してみましょう。

一概には言えませんが、首都圏などでは、地方の自治体に比べて若干手数料が高くなる傾向が見られます。

実印登録時以外でも、印鑑証明書の発行、改印届申請時、印鑑登録証の再発行時などにも、同様に数百円の手数料がかかります。

いちいち手数料がかかるのはもったいない、と感じるかもしれませんが、ひとりにつき1つしか登録できない「実印」という重要なデータについて、きちんと登録管理してもらうための手数料であること、日本の地方財政は近年多額の赤字を抱えていることなどを考慮すると、致し方ないとも考えられます。

コンビニエンスストアなどで、住民基本台帳カードによる証明書類の発行が行われるようになりましたが、将来的には実印登録のような手続きについても、違った便利なやり方が取られるようになるのかもしれませんね。

実印の販売ページはこちら

法人設立印鑑
法人設立やNPO設立に必要な「会社実印、会社銀行印、会社角印」の法人印をお得なセットにして送料無料、卸値でのご提供です。

法人設立印鑑販売ページへ

会社実印
領収書の押印にも使える実印は以下ページにて販売しております。

会社実印販売ページへ

個人実印
実印とは、住民登録をしている役所に登録する印鑑で、車の購入や土地建物の登記などの際に使用します。

個人実印販売ページへ