はんこ工房 神楽

不動産と取引に関する実印のトラブル例

不動産の取引において

実印は必ず必要になってきます。

これは、取引上において、その当事者が間違いなく本人であるという証明をしなければいけないためであり、実印を使った上に印鑑証明書を添付することが必要になってきます。

実印にまつわるトラブル

実印にまつわるトラブル

この不動産の取引においては、実印にまつわるトラブルはさまざまなものがあります。

印鑑証明書と実印が合わないということがもっとも多くの原因です。

同じだと思っていても、実はほかの印鑑と取り間違っていたり、混同してわからなくなってしまったりということもあります。

また、実はあっているのにもかかわらず、摩耗してしまっており、印影が変わってしまったなどというトラブルも存在するのです。

トラブルを回避するためにも、しっかり照合してから取引を行うことが大切になってきます。

さまざまな理由で改印してしまった

他にも、さまざまな理由で改印してしまったということもあります。

こうなるとそれまでの実印と変わってしまうことになり、不動産を取得し登記した時点と違うものだから、売却するときに問題があるのではないかと考えたりしますが、当時の取引には正しく、現在は異なること、これは何ら心配のないことです。新たに取引する場合には、新しい印鑑によって証明を取得すればいいだけのことです。

問題は、使われて印影を残した印鑑が、本人の同意のもと、間違いなく本人のものであるという確認ができる事であり、新旧のものを照らし合わせるためのものではないからです。

実印の販売ページはこちら

法人設立印鑑
法人設立やNPO設立に必要な「会社実印、会社銀行印、会社角印」の法人印をお得なセットにして送料無料、卸値でのご提供です。

法人設立印鑑販売ページへ

会社実印
領収書の押印にも使える実印は以下ページにて販売しております。

会社実印販売ページへ

個人実印
実印とは、住民登録をしている役所に登録する印鑑で、車の購入や土地建物の登記などの際に使用します。

個人実印販売ページへ