はんこ工房 神楽

実印に適している材質とは何なのか

必ずといっていいほど実印が登場してきます

私たちがとても大きな転機となるような取引をする場合、実印はただの印鑑なのではなく、住民票に紐づけされた自分のものであることを証明できるものになるだけに、非常に重要なものとされています。

万が一にも、無くしてしまったりすると困りますし、何よりも破損や摩耗はもちろん、実印として使用出来なくなってしまったら、いざという時に大変なことになります。

そのため、実印はとくに材質にもこだわって作る人が多くなります。

実印にするための印鑑の材質を考えた場合

何よりも長く使えなければいけません。

簡単に買い替えたりすることには向きませんし、仮に違うものを登録しようとした場合には、そこに様々な手続きが発生します。

またそれまで使っていた印鑑の処遇などの問題が発生する時もあります。

しかし、使用頻度として考えた場合、実印はほかの印鑑に比べ、それほど多くありません。

これは、唯一性を保つためであり、露出を高めてしまうとそれだけ複製の危険にさらされてしまうということはもちろん、実印が活躍する場というのは、不動産購入、車の購入など、大きな金額が動く事柄が多く、一般的に生活するなかでは、頻繁に行うことではないからです。

印鑑の材質に重視する点は耐久性

印鑑の材質に重視する点は耐久性

黒水牛をはじめ、角牙材料はもちろん、そのほかにも、材質として高強度の金属であるチタンを選択する人も増えてきました。とても腐食に強い金属でもあり、朱肉によって浸食されることがないため、実印として長く使っていける素材として人気が出始めています。

実印は、お客様と長い期間、過ごす印鑑になります。木材でも、細やかなお手入れさえすれば長い期間、共に過ごしていただけるかと思いますので、ぜひ、気に入った材料をお選びいただけたらと思います。

実印の販売ページはこちら

法人設立印鑑
法人設立やNPO設立に必要な「会社実印、会社銀行印、会社角印」の法人印をお得なセットにして送料無料、卸値でのご提供です。

法人設立印鑑販売ページへ