はんこ工房 神楽

賃貸契約に実印が必要でない理由

契約書に関して

住宅の賃貸の契約において、契約者は実印が必要になるのだろうか

人間には衣食住という3つが大切であり、どれが欠けても生きていくには支障が出てきますよね。

そこで、住宅などを所有していない場合には、賃貸したりするわけですが、この場合に使う印鑑は何になるのだろうということがあります。

住居となる物件を借りる契約となるため、実印が必要だと考えられそうなものですが、実は違います。

賃貸の契約を結ぶ場合には、仲介者である不動産業者などの前で書類の作成や確認を行う手続きを行います。

その際、契約に対し合意していると考えられるために、署名と捺印で問題がありません。

実印いう物は必ず必要なものではなく、当事者同士双方の合意ということが重要になるだけなのです。

もしも、本人がいない場で契約するということになるのであれば、実印や印鑑証明書の提出も必要ということになりますが、まずこういったことはあり得ないといえます。

しかし、保証人の場合は違います

主たる契約者が契約事項に違反したり、賃料の支払いをしたりしてこない場合には保証人に対し請求していく必要があります。

この場合、事前に書類に対して了承を得ておき、保証人は契約の場に来ないことがほとんどになります。

そのため、契約の意思の確認ができないことがあるために、実印の押印が求められ、印鑑証明書を提出することで、本人が押したということを確認するのです。