はんこ工房 神楽

金銭の出納に欠かせない銀行印。あなたの財産を守るには?

口座開設の際に登録するもの

口座開設の際に登録するもの

銀行印とは、金融機関で口座開設などを行うときに使用する印鑑で、「銀行取引印」や「銀行届出印」とも呼ばれています。 金融機関によっては、銀行印の代わりに署名確認している場合あるようです。

銀行印は実印と同じく非常に大切なものですから、紛失を防ぐ為にも取扱・保管には十分な注意が必要となります。

なぜなら、通帳と銀行印があれば、銀行印の持ち主ではなくても現金の引出しが可能であるからです。

金融機関などに提出している銀行印も修正して提出しなくてはなりません

実印と銀行印を1つにすることは可能ですが、万一登録している印鑑を紛失・盗難に遭うと実印の登録廃止と改印だけでなく、また、最近ではパソコンなどで偽造した印鑑を使用する悪質な手口も横行しています。

ですから、実印と銀行印を別々にすることは、これらのリスクを軽減させる効果があるでしょう。

銀行印の保管方法ですが、通帳とは別々に銀行印を必ず保管しましょう

万一通帳と銀行印が共に盗まれた場合に預貯金を引き出される可能性があります。

そして、印鑑は実印・銀行印・認印のいずれでも、その効力としては、平等というのが、法律上の見解になっています。

登録の有無にかかわらず、印鑑の取扱い・保管には十分な注意を払いましょう。

銀行印の販売ページはこちら

会社銀行印
法人銀行印は、会社や商店が口座を開設する際に、金融機関に登録する印鑑で、内枠には「銀行之印」と入ります。

会社銀行印販売ページへ

会社銀行印
銀行印とは、金融機関にて口座開設の際に登録する印鑑で、財産を預かる印鑑です。

会社銀行印販売ページへ