はんこ工房 神楽

【必読】大事な印鑑を盗難、紛失した場合の対処方法について

実印

印鑑というものは、とても大事なものです。

状況によっては本人を証明するものにもなってしまいますし、承諾したことになってしまうこともあります。そんな印鑑は紛失してしまったり、盗難されたりすれば一大事です。

当然、本人が押していなければ、そこまで効力を発揮できない面もありますが、知らず知らずのうちに、悪用でもされていた場合には、対応しきれないほどの被害を出すこともあります。

そして何よりも、自分の印鑑がないわけですがから、とても不便になってくるのです。

印鑑をなくしてしまった場合は

なくしてしまったりした場合には、まずはその印鑑が持つ効力を執行させることが大切です。

実印であれば、登録してある市区町村役場に行き、紛失の届け出をだし、改印届を提出し、新しい物を作らなければいけません。

銀行印であれば

登録してある銀行に対し、事故届と改印届をだし、悪用を防ぐ措置を考えていかなければいけないのです。

これによって悪用された場合には、警察等に届け出をしやすくなります。

法人の場合には、もっと注意しなければいけません。

取引先などにも連絡し、偽造の危険などを話したうえで改印したことも伝えておかなければいけません。

どんな場合においても、盗難や紛失した先から戻ってきた場合、偽造されている危険も考慮に入れるべきです。

そのために、実印などに関しては、なにかあっても簡単には複製できないような複雑なものを、オーダーメイドで作る必要があるのです。

実印の販売ページはこちら

法人設立やNPO設立に必要な「会社実印、会社銀行印、会社角印」の法人印をお得なセットにして送料無料、卸値でのご提供です。

法人設立印鑑販売ページへ