はんこ工房 神楽

印鑑登録をして初めて実印になる

印鑑の中でも『実印』というものは、もっとも重要であるといわれ大切にされているわけですが、実印というものが本当に何か知っている人というのは意外と少ないものです。

実印とは、住民登録している市区町村役場に対し、自分の印鑑を登録することではじめて実印という印鑑になり、印鑑証明書を発行してもらえるようになるのですが、この印鑑登録が行われていないものについては、どんなに高級な素材の印鑑であろうと、まだそれは実印と呼ばれる印鑑ではありません。

素材の価値に問わず、市区町村役場にて印鑑登録をされた印鑑のことが実印なのです。

実印を持つためには

必ず印鑑の登録をしなければいけないのですが、この登録には要件がいろいろとあります。

まず前提に、住民票が存在する場所で印鑑登録をしなければなりません。

事情があって、いま、生活をしている場所に住民票がない場合には、住民票を移した後、印鑑登録をする必要があります。

原則、一人1本までしか印鑑の登録をすることができませんため、万が一、過去、印鑑登録したままの場合には、廃止申請の手続きが必要になりますので、ご注意ください。

登録する印鑑には規定があります

8mm~25mmの正方形の中に収まるサイズであることが大切であり、楕円形や四角でも問題がありません。

ただし、ゴム印など変形しやすいものは登録が出来ません。

また、住民基本台帳に登録されている氏名、氏もしくは名が刻まれたものでなくてはいけません。

市区町村役場により、フルネームでしか印鑑登録が出来ない場合もありますため、氏または名のみで印鑑を登録する場合には、事前に確認いただくことをおすすめいたします。

また印鑑登録の際、市区町村役場により、三文判などでは、印鑑登録が受け付けられない場合もあります。

これは、複製ができそうな印鑑というのが主な理由だそうですが、三文判でなくても量産性が高そうな印鑑と判断されてしまうと登録を断られる場合もあるようです。

それだけ印鑑登録が必要な実印は、重要な印鑑ということだといえます。

個人用印鑑セットの販売ページはこちら

個人印鑑セット
実印とは、住民登録をしている役所に登録する印鑑で、車の購入や土地建物の登記などの際に使用します。

個人印鑑セット販売ページへ