実印はいつ使うものなのかを知り、いざというときに慌てないよう準備しておこう|印鑑、はんこの通販なら@はんこ

印鑑激安通販の@はんこ
お支払方法 クレジットカード 代金引換

5250円以上お買い上げで送料無料

カートを見る
印鑑激安通販の@はんこ @チタン印鑑 @ゴム印 名刺データ入稿センター 初めての方へ お買い物ガイド
  1. ホーム
  2. 印鑑辞典
  3. 実印情報のまとめ
  4. 実印はいつ使うものなのかを知り、いざというときに慌てないよう準備しておこう

実印はいつ使うものなのかを知り、いざというときに慌てないよう準備しておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 実印を作らずに生活している方も大勢いらっしゃいます。
  2. 実印が必要になるのは
  3. 高額な金銭取引としては

実印を作らずに生活している方も大勢いらっしゃいます。

実印はいつ使うものなのかを知り、いざというときに慌てないよう準備しておこう 必ずしも「成人になったら絶対に必要」というわけではないですがいざ実印が必要となった際に、慌てて印鑑を作成し、印鑑登録を行うのも大変な時間が掛ります。
実印はいつ使うものなのかを知っておき、いつ作成するのかといった目安を持っていると、慌てずにいいかもしれません。 また、成人したときや、親元を離れて一人暮らしを始める時など、人生の節目に実印を作るのもおすすめしています。

実印の販売ページはこちら

個人実印イメージ画像即日対応も可能な印鑑を取り揃えております。実印作成に必要な印鑑は以下のリンクへ。
個人実印販売ページへ

実印が必要になるのは

高額な金銭を介する取引の際の契約書類などが代表的です。 そういった契約書類に実印を押印し、印鑑証明書が揃っていれば、契約書の法律的な有効性を客観的に保証することができます。

一般的に実印をいつ使うのかを見てみます。

高額な金銭取引としては

  1. マンションや一戸建て・土地などの不動産を購入・売却するとき
  2. 住宅ローンを契約するとき
  3. 自動車を購入・売却・廃車にするとき
  4. 遺産相続をするとき
  5. 生命保険や自動車保険などに加入するとき
  6. その保険金を受け取るとき
などがあります。

その書類の信頼性が重要な場合としては、
  1. 公正証書の作成時
  2. 会社の設立時の申請書類
などがあり、
本人確認が重要な場合としては、
  1. 年金の受取時
などが挙げられます。

実印と印鑑登録証があれば、これらの大きな金銭や権利に関する契約が結べる可能性があるため、 実印と印鑑登録証は、使用しないときにも通帳などと同様、大切にしまっておくことが大切です。


法人会社設立セットの売れ筋ランキングをご紹介

実印・銀行印・認め印それぞれに「朱肉付き本革印鑑ケース」が付いている

@はんこ 法人会社設立セット 第1位
会社印鑑3本セット(天丸)黒水牛【専用ケース付】
法人印鑑3本セット
(天丸)黒水牛
【専用ケース付】

13,920 円(税込)
@はんこ法人 会社設立セット 第2位
会社印鑑3本セット(天丸)アカネ【専用ケース付】
法人印鑑3本セット
(天丸)アカネ
【専用ケース付】

8,780 円(税込)
@はんこ法人 会社設立セット 3位
会社印鑑3本セット(天丸)黒彩樺【専用ケース付】
法人印鑑3本セット
(天丸)黒彩樺
【専用ケース付】

14,540 円(税込)

印鑑辞典 目次