住宅の賃貸の契約において、契約者は実印が必要になるのだろうか|印鑑、はんこの通販なら@はんこ

印鑑激安通販の@はんこ
お支払方法 クレジットカード 代金引換

5250円以上お買い上げで送料無料

カートを見る
印鑑激安通販の@はんこ @チタン印鑑 @ゴム印 名刺データ入稿センター 初めての方へ お買い物ガイド
  1. ホーム
  2. 印鑑辞典
  3. 実印情報のまとめ
  4. 住宅の賃貸の契約において、契約者は実印が必要になるのだろうか

住宅の賃貸の契約において、契約者は実印が必要になるのだろうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 契約書に関して
  2. しかし、保証人の場合は違います。

契約書に関して

住宅の賃貸の契約において、契約者は実印が必要になるのだろうか 人間には衣食住という三つが大切であり、どれが欠けても生きていくには支障が出てきますよね。 そこで、住宅などを所有していない場合には、賃貸したりするわけですが、この場合に使う印鑑は何になるのだろうということがあります。
住居となる物件を借りる契約となるため、実印が必要だと考えられそうなものですが、実は違います。 賃貸の契約を結ぶ場合には、仲介者である不動産業者などの前で書類の作成や確認を行う手続きを行います。 その際、契約に対し合意していると考えられるために、署名と捺印で問題がありません。 実印いう物は必ず必要なものではなく、当事者同士双方の合意ということが重要になるだけなのです。
もしも、本人がいない場で契約するということになるのであれば、実印や印鑑証明書の提出も必要ということになりますが、まずこういったことはあり得ないといえます。

実印の販売ページはこちら

個人実印イメージ画像現在住んでいる場所の自治体・役所へ印鑑登録する際に必要となる商品を販売しております。
個人実印販売ページへ

しかし、保証人の場合は違います。

主たる契約者が契約事項に違反したり、賃料の支払いをしたりしてこない場合には保証人に対し請求していく必要があります。この場合、事前に書類に対して了承を得ておき、保証人は契約の場に来ないことがほとんどになります。 そのため、契約の意思の確認ができないことがあるために、実印の押印が求められ、印鑑証明書を提出することで、本人が押したということを確認するのです。


個人実印 売れ筋ランキング 当店の売れ筋TOP3をご紹介

実印とは、住民登録をしている役所に登録する印鑑で、車の購入や土地建物の登記などの際に使用します。

個人実印ランキング 第1位
個人実印 アカネ
個人 実印
16.5mm
アカネ

1,110円(税込)
個人実印ランキング 第2位
個人実印 黒水牛
個人 実印
16.5mm
黒水牛

1,830円(税込)
個人実印ランキング 第3位
実印 ブラストチタン
個人 実印
15.0mm
ブラストチタン

6,040円(税込)

印鑑辞典 目次