不動産と取引に関する実印のトラブル例|印鑑、はんこの通販なら@はんこ

印鑑激安通販の@はんこ
お支払方法 クレジットカード 代金引換

5250円以上お買い上げで送料無料

カートを見る
印鑑激安通販の@はんこ @チタン印鑑 @ゴム印 名刺データ入稿センター 初めての方へ お買い物ガイド
  1. ホーム
  2. 印鑑辞典
  3. 実印情報のまとめ
  4. 不動産と取引に関する実印のトラブル例

不動産と取引に関する実印のトラブル例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 不動産の取引において
  2. 実印にまつわるトラブル
  3. 様々な理由で改印してしまった

実印の販売ページはこちら

会社実印セット品

法人実印イメージ画像会社設立やNPO設立に必要な「会社実印、会社銀行印、会社角印」の法人印をお得なセットにして送料無料、卸値でのご提供です。
会社設立印鑑販売ページへ

会社実印単品

法人実印イメージ画像領収書の押印にも使える実印は以下ページにて販売しております。
会社実印販売ページへ

個人実印単品

法人実印イメージ画像実印とは、住民登録をしている役所に登録する印鑑で、車の購入や土地建物の登記などの際に使用します。
個人実印販売ページへ

不動産の取引において

実印不動産 実印は必ず必要になってきます。
これは、取引上において、その当事者が間違いなく本人であるという証明をしなければいけないためであり、実印を使った上に印鑑証明書を添付することが必要になってきます。

実印にまつわるトラブル

この不動産の取引においては、実印にまつわるトラブルは様々なものがあります。
印鑑証明書と実印が合わないということが最も多くの原因です。同じだと思っていても、実はほかの印鑑と取り間違っていたり、混同してわからなくなってしまったりということもあります。また、実はあっているのにもかかわらず、摩耗してしまっており、印影が変わってしまったなどというトラブルも存在するのです。トラブルを回避するためにも、しっかり照合してから取引を行うことが大切になってきます。

様々な理由で改印してしまった

他にも、様々な理由で改印してしまったということもあります。
こうなるとそれまでの実印と変わってしまうことになり、不動産を取得し登記した時点と違うものだから、売却するときに問題があるのではないかと考えたりしますが、当時の取引には正しく、現在は異なること、これは何ら心配のないことです。新たに取引する場合には、新しい印鑑によって証明を取得すればいいだけのことです。
問題は、使われて印影を残した印鑑が、本人の同意のもと、間違いなく本人のものであるという確認が出来る事であり、新旧のものを照らし合わせるためのものではないからです。


個人実印 売れ筋ランキング 当店の売れ筋TOP3をご紹介

実印とは、住民登録をしている役所に登録する印鑑で、車の購入や土地建物の登記などの際に使用します。

個人実印ランキング 第1位
個人実印 アカネ
個人 実印
16.5mm
アカネ

1,110円(税込)
個人実印ランキング 第2位
個人実印 黒水牛
個人 実印
16.5mm
黒水牛

1,830円(税込)
個人実印ランキング 第3位
実印 ブラストチタン
個人 実印
15.0mm
ブラストチタン

6,040円(税込)

印鑑辞典 目次