実印の印鑑登録は、本人確認の方法によっていくつかの方法があります|はんこ、印鑑の激安通販なら@印鑑

印鑑激安通販の@はんこ
お支払方法 クレジットカード 代金引換

5250円以上お買い上げで送料無料

カートを見る
印鑑激安通販の@はんこ @チタン印鑑 @ゴム印 名刺データ入稿センター 初めての方へ お買い物ガイド
  1. @印鑑
  2. 印鑑辞典
  3. 実印の印鑑登録は、本人確認の方法によっていくつかの方法があります

実印の印鑑登録は、本人確認の方法によっていくつかの方法があります

実印の印鑑登録は、本人確認の方法によっていくつかの方法があります 実印は、その印鑑で登録を行うことで、初めて実印として認められます。
では、実印の印鑑登録はどのような方法で行うのかを知っておきましょう。

印鑑登録は、使用する本人の住民登録上の役所に申請します。

印鑑登録時に準備するものは、印鑑登録用のハンコ、パスポートや免許証などの官公署が発行した顔写真付きの証明書、登録費用(100円~300円ほど)です。

印鑑登録の流れは、本人確認の方法により異なります。
まず、
運転免許証やパスポートなど本人を写真で確認できる証明書があり、本人が登録手続きを行う場合には、 当日中に印鑑登録が完了し印鑑登録証が発行されて、登録証明書も入手することができます。

本人確認書類が健康保険証の場合、まずは窓口で登録申請を行い、後日、自宅に照会書と回答書が郵送で届きます。 この回答書に記入をし、申請者が回答書を役所窓口へ持参することで本人確認とし、印鑑登録が完了します。 回答書には1ヶ月程度の有効期限があるため、注意が必要です。

保証書を用意する方法もあります。
申請者と同じ自治体で既に印鑑登録をしている人を保証人とし、保証人の署名、実印を押印した保証書を、申請者が窓口に提出することで、即日の登録が可能です。

また、代理人が申請するときは、登録者本人の準備物に加え、委任状と代理人の実印、代理人の身分証明書が必要となります。 代理人が窓口申請を行うと、後日、本人宛に照会書、回答書が郵送で届き、回答書の提出をもって登録が完了します。

印鑑辞典 目次