実印の印影って、どう使われてどんな意味があるの?|はんこ、印鑑の激安通販なら@印鑑

印鑑激安通販の@はんこ
お支払方法 クレジットカード 代金引換

5250円以上お買い上げで送料無料

カートを見る
印鑑激安通販の@はんこ @チタン印鑑 @ゴム印 名刺データ入稿センター 初めての方へ お買い物ガイド
  1. @印鑑
  2. 印鑑辞典
  3. 実印の印影って、どう使われてどんな意味があるの?

実印の印影って、どう使われてどんな意味があるの?

印章を紙に押したときのあとのことを「印影(いんえい)」といいます。
実印の印鑑登録では、この印影の大きさは8mmより大きく25mmよりも小さいもの、という決まりが一般的です(自治体によっては別にサイズ指定がある場合もあります)。

印影


印鑑登録ではこの印影がデータ登録され、印鑑登録証明書を発行した際には印影が印刷されてきます。

契約書類と印鑑登録証明書の印影が同じである、と証明することで、実印が押されている=その契約書類には法的な有効性がある、と初めて認められるのです。

昔は、印鑑は職人が手で彫るものでしたが、今では機械で作られることがほとんどです。
「機械で作った実印だと、同じ印影が作れてしまうので、実印として登録できないのでは?」「簡単に印影を真似られ、悪用される恐れがあるのでは?」という疑問も聞かれますが、 印影をいくら真似たところで、印鑑登録証明書が揃っていなければ、真似た印鑑と印影には何の効力もありません。
したがって悪用を防ぐためには、印影を「唯一無二のものにする」必要はなく、むしろ実印と印鑑登録証の保管を厳重にすることが重要です。

そうはいっても、どこにでもあるような三文判を実印登録するのは、なんとなく不安ですよね。印影を「唯一無二のものにする」ことも、悪用を防ぐことの役割として重要なことです。 オーダーメイドで印鑑を作るには、近所のはんこ屋さんに行って発注するのもいいですし、インターネット通販などでも実印用の印鑑を購入できます。
その場合、色々なサイズや書体が用意されていて、実際に自分の名前で作った場合にはどのような印影になるのか、データで確認してから発注することが可能です。

印鑑辞典 目次