価格だけで選ばないで下さい!目的に合わせた実印選びを・・・|印鑑、はんこの通販なら@はんこ

印鑑激安通販の@はんこ
お支払方法 クレジットカード 代金引換

5250円以上お買い上げで送料無料

カートを見る
印鑑激安通販の@はんこ @チタン印鑑 @ゴム印 名刺データ入稿センター 初めての方へ お買い物ガイド
  1. ホーム
  2. 印鑑辞典
  3. 実印情報のまとめ
  4. 価格だけで選ばないで下さい!目的に合わせた実印選びを・・・

価格だけで選ばないで下さい!目的に合わせた実印選びを・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 実印を購入する際
  2. 印鑑の価格はさまざまな条件によって決まります
  3. 印鑑の材質で最も多く流通しているのは
  4. 実印は、耐久性に優れたモノを購入されることが多いですが
  5. 一般的に購入するケース

実印の販売ページはこちら

個人印鑑セットイメージ画像実印とは、住民登録をしている役所に登録する印鑑で、車の購入や土地建物の登記などの際に使用します。
個人印鑑セット販売ページへ

実印を購入する際

価格だけで選ばないで下さい!目的に合わせた実印選びを・・・ 何軒か印鑑販売店を見てまわり、お値打ちで使い勝手が良さそうな実印を見つけたとしましょう。 しかし、いざ使用してみたら「キレイに捺印出来ない」「どうしてもムラが出る」など後悔したくはないですよね。

印鑑の価格はさまざまな条件によって決まります

冒頭にもお伝えしましたが、基本的には径が大きく長いモノほど価格が上昇します。 また、お店にもよりますが、彫る文字の組み合わせや文字数によっても価格は異なりますので、お店毎に確認が必要です。 ちなみに、実印の販売価格の相場は約1,000円から30,000円程度が一般的です。

印鑑の材質で最も多く流通しているのは

認印のタワーなどで販売されているような、プラスチック製のものです。 認印など気軽に使用したい場合に適していますが、実印としては破損しやすいので適しません。

実印は、耐久性に優れたモノを購入されることが多いですが

希少性が高く耐久性に優れたモノは高額になります。 例えば最近人気の「チタン」は、耐久性だけでなく、捺印性・耐火性にも優れた素材と言われています。
肝心の印鑑の彫り方ですが、「機械彫り」「手仕上げ」「手彫り」の3つに分かれます。 当然ですが、「手彫り」は手間がどうしても必要になるので高額となります。

一般的に購入するケース

機械彫り後に手作業で仕上げを行なう「手仕上げ」は「手彫り」よりも安くなります。 「機械彫り」は一番お値打ちですが、偽造されやすい観点から、実印には適していません。 実印を作る際には、「手仕上げ」など、必ず人の手が入った印鑑をお勧めいたします。


個人実印 売れ筋ランキング 当店の売れ筋TOP3をご紹介

実印とは、住民登録をしている役所に登録する印鑑で、車の購入や土地建物の登記などの際に使用します。

個人実印ランキング 第1位
個人実印 アカネ
個人 実印
16.5mm
アカネ

1,110円(税込)
個人実印ランキング 第2位
個人実印 黒水牛
個人 実印
16.5mm
黒水牛

1,830円(税込)
個人実印ランキング 第3位
実印 ブラストチタン
個人 実印
15.0mm
ブラストチタン

6,040円(税込)

印鑑辞典 目次